株式会社 大都技研

採用サイト

マーケットに衝撃を!! Daitoの挑戦 執着心 × こだわり = Daito が誇るモノづくり

Interview 職種について

製造部門生産技術

2010年入社 生産技術|生産効率と働きやすさの最適解を追求し、よりよいモノづくり環境を実現

現在の仕事

製造部門と開発部門をつなぎ、よりよいモノづくり体制を生み出す仕事――それが生産技術です。
開発段階から生産へとモノづくりが進んでいく中で発生するであろう懸念点や問題点を洗い出し、それを踏まえた作業工程の効率化や生産設備の検討を行なうことが主な仕事。加えて生産設備のメンテナンスや設備メーカーへの新しい設備の開発依頼、さらには設備導入の立ち会い・評価なども重要な仕事です。また、既存の生産ラインを設備の観点から見直し、工程の改善や省人化(自動化)の検討・実施なども併せて担当し、製品ごとに最適な生産体制を確立していきます。

仕事のやりがい

大都技研のモノづくりに直接的に関わる仕事だけに、自分の仕事によって生産効率の向上を導き出せたときに大きなやりがいを感じますね。作業フローの改善、生産コストの削減、作業におけるミステイクの軽減など、さまざまな観点から「生産」を見つめ、よりよいモノづくり環境を追求していくことが私の使命。単にこれらを機械的に推し進めるのではなく、いかに生産現場の人々にとって作業しやすい環境が実現できるかを最大限に考慮しなければなりません。つまりは「生産効率と働きやすさの最適解を求める仕事」とも言え、やりがいは非常に大きなものがあります。その結果として、現場の人々から「ありがとう、おかげで作業しやすくなったよ」と感謝されれば最高ですね。

仕事のポイント

生産コストや生産能力、歩留まり率など、生産技術によってもたらせられる《結果》は、いずれも定量的に数値で表すことのできるもの。しかしすべてを数値で決めてしまっては決していい結果を導き出すことはできません。生産設備や治具の調整・改善など意外にも《感覚》で行なう部分が多く、職人的な技と経験が必要とされる奥の深い世界。また、常識にとらわれない斬新な発想が新たなブレイクスルーを生む場合もあるので、常に柔軟な思考と発想を心がけることも重要です。

心がけていること

「いかに関係する人々と密なコミュニケーションを図れるか」というのがこの仕事では特に重要。生産設備の不具合や生産ラインのトラブルは、即、生産スケジュールに遅れが発生することを意味します。そんなトラブルを未然に防ぐ為に重要なのが冒頭に述べた「関係する人々と密にコミュニケーションを取り合う」ことだと思っています。人間だけにミスはあって然るべきもの。ならばいかに工程間の連携を高めてミスを吸収し合うか、ということを突き詰めて考える必要がある。日頃からのコミュニケーションが密であればあるほど、トラブルが顕在化する前に解決することができるものと信じ、日々、設計サイド、生産サイドとコミュニケーションを図っています。

今後の目標

遊技機業界の中で、当社のような企画、開発、設備開発、生産までの一貫体制を敷いているメーカーはさほど多くはありません。特に私が携わっている生産技術部門を社内に有しているメーカーはごくわずか。モノづくりの力点を企画や開発に置き、設備機器の導入や保守は外部に委託をする遊技機メーカーが多い中、大都技研は「モノづくりのすべて」にこだわり抜く姿勢が根付いています。せっかくそんな至れり尽くせりな環境にいるのですから、もっと技術を磨き、業界内で「遊技機の生産技術と言えば大都技研の●●」と言われるまでに成長したいですね。これからが本当の挑戦です!